読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

義元ゆういちの別名義作品①「探偵作家 俺/マリア」(2013年)

 義元ゆういちの別名義作品

現在『夢喰い探偵』を連載中の義元ゆういち氏ですが、2013年には好本雄一という別名義で62ページの読み切りを月刊少年マガジンに掲載しています*1。タイトルは「探偵作家 俺/マリア ―書き上げるまでが事件です」といい、探偵役に高校生作家、助手役に生徒会長を配置する青春ミステリーでした。惹句は「青春×ロジカル・ミステリ」となっており、ここでもやはりきちんとした推理モノを青春と両立させることに注力しています。物語の舞台が『夢喰い探偵』と酷似しており、この時点で連載の構想があったのかもしれません。本作は今のところ単行本化されていません。そのため、今回はちょっと詳しくおさらいしてみようと思います。

物語と登場人物

主人公であり、本作で探偵役を務めるのは藤原新(ふじわらあらた)という男子高校生なのですが、正体を偽ってミステリー小説を発表する売れっ子作家という設定です。彼が作品を執筆する書斎が学校の時計塔にあり、その場所を提供しているのが静和はこ(しずわはこ)という生徒会長の女子生徒です。静和は藤原に時計塔を提供する代わりに、学園内のトラブルを藤原に解決してもらっているという交換条件の上に成り立つコンビです。とはいえ完全に対等な関係というわけではないようです。探偵は時計塔を使わせてもらっている立場にありますので、会長が持ち込む依頼を断るわけにはいきません。そのため、しぶしぶ事件の捜査を開始するといった体で、会長に引っ張られながら事件現場へ足を運ぶことになりました。*2

事件

藤原が直面する事件は「バラバラ殺人」!なのですが、実際のところは器物損壊です。この高校の美術部には「三聖」と呼ばれる優秀な美術部員が3名おり、彼らの新作は美術展での高い評価が期待されていました。ところが、美術室に保管していた彼らの作品が台ごと倒されて、バラバラに破壊されてしまいます。人が殺されたなどという物騒な事件ではないのですが、「芸術家にとって作品は命も同じ」であるため、この事件は殺人的であるというわけです。バラバラ殺人とはこういう意味だったわけです。

さて、現場を発見した学生の主張に基づけば美術室は”ほぼ密室”の状態であり、人の出入りは不可能でした。それでは何者にも犯行は不可能であるかと言えばそうではなく、美術室の天井付近にある小窓が開いていたことに加え、密室の内側に猫の毛が落ちていたことから、校内で話題になっている迷惑ノラ猫の仕業であろうと考えられました。ノラ猫を捕縛しようと息巻く美術部員をよそに、藤原はある理由から猫には犯行が不可能であると推理し、真相の解明を目指して捜査を始めることになったのです。

例の優秀な美術部員たち3名それぞれに事情を聞いて回ったところ、どうやら全員に動機がある一方で、これまた全員にアリバイがありました。ここにきて、密室とアリバイという二重の壁が立ちはだかります。探偵は容疑者3名(+ノラ猫1匹)の中から真犯人を指摘し、密室とアリバイトリックを突破する必要がありました。

探偵の推理を振り返って

密室を構成するトリックが何らかの物理トリックであると察することはできますが、具体的な方法はなかなか指摘できないでしょう。というのは、その仕掛け部分に関する作中での言及が少なく、読者が推理するには情報が足りないように思われるからです。さらに言うと、このトリック、実行自体に問題はないのですが、トリックに使ったものが証拠としていろいろと現場に残ってしまいます。そのひとつについて、犯人はそれをごまかすための準備をしているのですが、別の証拠についてはどうしたのでしょう?藤原もこの点を説明していないので、トリックとしての実現可能性については少し納得がいきません。とはいえ、物理トリックは絵として映えるので漫画向きですよね。

むしろ読んでいて困ったぞと思ったのは、推理のプロセスがわかりにくい点でした。読者にはきちんと証拠は提示されており、結論も明確です。しかし、その中間である、証拠から結論までのプロセスが不明瞭ではないでしょうか。もう少し具体的に言うと、読者に提示された証拠や解決へのヒントが、解決編における探偵の推理とどのように対応しているのか必ずしも明確ではないのです。そのため、どうして藤原はそのように推理したのかという部分が伝わりにくくなっています。このあたりは、読み切りというページ数の制約上、作者が解決編でやろうと思っていたことをいくつか削ってしまったために生じたものかもしれません。前半の情報密度の高さと、後半の解決編の単純さに落差があるのはそのせいでしょうか。

このようにいくつか煮え切らない部分はありましたが、総じて楽しめました。トリック自体は十分可能なものであり、これほど物理トリック一筋でいくエピソードはいまのところ『夢喰い探偵』には見当たりません(『夢喰い探偵』第6話現在)。

念のために付け加えておくと、最終的に明かされた犯行の動機はきわめてまっとうなものでした。しかも青春の一ページらしく感動系で攻めてくるあたり、常に青春モノを志向する義元氏の本領が発揮されています。なお、作中で藤原が捜査の結果を振り返って「動機が揃い過ぎている」とか、それを創作としてとらえると「冴えたシナリオじゃない」などと評していることから、作者は動機の意外性にもこだわりがあるように感じられます。だからこそ感動的ラストにもつなげやすくなるのでしょう。

『夢喰い探偵』との関連

ところで、主人公である藤原新は白雪マリア(しらゆきまりあ)という筆名で小説を発表しています。タイトル「探偵作家 俺/マリア」のマリアとは、彼の筆名なのでした。さらに、何を隠そう、彼の人気シリーズ名が『宇都宮アイリ』なのです。それってなんだっけ?とか聞かないでください。宇都宮アイリはご存知、「大人気」連載中のミステリー漫画『夢喰い探偵』のヒロインです。本の表紙にも宇都宮アイリらしき人物が描写されており、この時点ですでに探偵アイリ像は存在したようです。藤原たちが通う高校が並木街道高校であることなど、『夢喰い探偵』との連続性は否定しようがありません。もしかすると、『夢喰い探偵』は本作「探偵作家」の作中作とか、同じ高校に在籍した先輩後輩の関係などといったオマケ設定が重層的に組み合わさっているのかもしれません。このあたりに、作品世界に対する義元氏の愛が感じられるではありませんか。

そして、本作と『夢喰い探偵』の作風も非常に似通っています。そもそも青春ミステリーという同じジャンルですし、ストーリーテリングのノリも同じです。違うところと言えば、探偵と助手の事件に対するスタンスの差で、読み切りでは助手の方が積極的で探偵側は冷めているという、アイリと国谷のコンビの真逆になっています。とは言いつつ、積極的な女子が物語を引っ張るという意味では両者は共通していますね。

義元ゆういちについて

今回、連載開始前の読み切り「探偵作家 俺/マリア」を読むことができ、義元ゆういちについて知ったかぶりできるかとニヤついていたのですが、どうやらもう一本読み切りを発表しているようです。義元ゆういち(あるいは好本雄一)の発表作品は以下の3本だと思われます。

  • PIGEON WORKS アナログ探偵事件録(2012, 好本雄一)
  • 探偵作家 俺/マリア(2013, 好本雄一)
  • 夢喰い探偵(2015~, 義元ゆういち)

これら以外の名義で作品を発表していた場合にはさすがに追い切れませんので、ひとまず上記の3本とします。そして、2012年の読み切りもレビューできる見通しが立ちましたので、コンプリートまであと一歩です。

*1:月刊少年マガジン2013年9月号

*2:「助手(生徒会長)が事件を持ってくる」のであれば、「探偵(高校生作家)が事件に出会う必然性」を説明する必要がないのでなかなか便利な設定だと思ったのですが、『夢喰い探偵』には引き継がれなかったようですね。