読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『夢喰い探偵』第7話「時効」

並木本町駅前の廃屋で白骨遺体が発見される。身元は2年前から行方不明になっている当時中学生の女子生徒であり、状況的に何者かによって撲殺された可能性が高い。国谷の友人であり、被害者の同級生であった生徒会員が容疑者のひとりとして浮かび上がる。さらに、遺体の傍には謎のメッセージが残されていた。

 

シリーズで初めて死人が出た事件

これまでの事件はすべて学園の内外で起こる「日常の謎」であり、どんなに悪質でもせいぜい軽犯罪止まりでした。要は、さすがに死人がでるような重大事件ではなかったのです。しかし、今回の第7話ではついに死人が出てしまいます。普通のミステリー漫画を読んでいるときであれば、これから捜査が始まって事件を推理するぞ、と意気込むのですが、『夢喰い探偵』においては作中で死人が出てしまったこと自体にショックを受けてしまいました。ページをめくる勇気を奮い起こすことにも一苦労でしたね。とはいえ、物語の間口が広いことも同時に示したわけですので、ミステリー漫画としては通常の進行だと思います。

再登場する登場人物たち

物語冒頭、アイリと国谷は生徒会室で遺体発見のニュースをチェックしています。生徒会員である国谷がいるのは当然ですが、アイリまで同席しているのはなぜでしょうか。仲がいいですね、ということにしておきましょう。そしてもちろん、生徒会室ですので、以前の「ポスター増殖事件」(第4話)で登場したメンバーが数名再登場を果たしております。もちろん、読者(私ですが)の人気をアイリと二分している生徒会長もいますが、アイリと国谷の夫婦漫才を引き立てるためだけの役どころとなっています。彼らと同様に再登場を果たした一人ではありますが、名前付きで紹介されたのは森林りえか(もりばやしりえか)ただ一人、今回の事件の容疑者なのです。そしてアイリと国谷は彼女からの依頼によって事件を捜査することになりました。彼女たちはたかだか素人探偵ではありますが、すでに警察とのコネはちゃっかり作ってあり(第3話)、新米刑事の餅谷万智(もちやまち)巡査部長が再登場します。

ダイイングメッセージと半密室

遺体は失踪当時中学生だった源未来(みなもとみらい)という女子生徒だったのですが、彼女とストリートダンスのチームを構成していた同級生たちが動機の存在を理由に容疑者扱いされることになります。遺体の発見現場は彼女たちがかつてダンスの練習をしていた並木本町駅*1の広場からほど近い廃屋でした。殺害現場のドアには内側から鍵がかけられていましたが、完全な密室ではありません。窓の鍵が開いており、犯人はこの窓から脱出したと考えられます。むしろ事件を不可解なものにしているのは、被害者が書いた血文字のメッセージです。ひらがな3文字で書かれたそれはダイイングメッセージのはずですが、「意味深なだけで意味不明」なものでした。

刑事事件を描く難しさ

今回の眼目はダイイングメッセージの解読にあるため、実物の血文字を見て確認する必要がありました。アイリは知己の刑事である餅谷刑事を呼び出し、あれこれ情報提供を依頼することになりますが、常識的に考えて現役刑事がこれに応えるということはないでしょう。ところが作中では「お約束」(漫画のお約束的展開といった意味)であると言って、血文字の写真を見せてしまったり、さらにはアイリと国谷を遺体発見現場へ連れていっています*2。いくら現場が初めから廃屋で、しかも捜査員が撤収した後だとは言え、さすがにそれはまずいんじゃないですか刑事さん、と言いたくなります。餅谷刑事には彼女たちの言うことを聞く義理だって何もないわけですから。ただの高校生が事件捜査に協力するには、物語上の必然性がどうしても必要になりますが、ここではそれが一切説明されていません。このあたりが、素人探偵を主人公にして刑事事件を描く難しいところですね。

解決編:半密室の論理に拍手

今回の事件も非常に難しい印象を持ちました。なにしろ、推理のためのヒントが十分ではないと感じたからです。この疑問点は解決編を読んでも解消しませんでした。アンフェアというわけではありませんが、詰めが甘いといった感じです(末尾に列挙しておきます)。

推理自体はよくできていると思います。特に、現場が不完全な密室状態だったという事実からひとつの仮説を排除するロジックはなかなか読みごたえがありよかったです。これによって新たな解釈が浮かび上がり、さらにダイイングメッセージの意味が明らかになるという一連の流れは極めてスムーズです。推理というより、推理の見せ方が巧みなのでしょう。義元氏のミステリーのいいところはどうやらこの辺にあるようで、読んでいてわからなくなることがないのです。これを一話完結の短編ではなく長編でやったらどうなるかという点は非常に気になりますね。

さて、結局、警察が捜査中の事件を一般人の高校生が解決してしまいました。事件解決後の餅谷刑事や警察の対応までは描かれておりませんので、この一件が探偵アイリの立場をどのように変えていくのか、まだよくわかりません。警察関係者とのコネが広がったり、別の形で刑事事件に関与するというような展開になる可能性もあるでしょう。様々な意味で、この一件の影響力は計り知れません。

ところで、解決編開始前に挿入される決め台詞「なろうか 名探偵に!」を凛々しい表情で言うアイリさんがいつも以上にかっこよくて痺れました。表情はもしかすると事件の性質を表しているかもしれませんね。前回(第6話)の事件はかなり悪質な犯人でしたが、そのときもけっこう厳しい表情をしていました。逆に前々回(第5話)は犯人の意図が善良なものであり、行為自体も悪戯レベルなので、決め台詞の表情はかわいくする、とか。 

「3話周期で面白いエピソードがやってくる」の法則

述べた通り、今回の第7話には難点が多く、力不足を感じました。前回の第6話が傑作だっただけに期待しすぎてしまったのかもしれません。ここで気付いたのですが、3話ごとに秀逸なエピソードがやってくるという法則があるような気がします。3の倍数にあたるエピソードは単行本の巻末に相当するので、必然的に力が入るのでしょう。面白いと言いますか、出来がいいと言いますか、とにかく力作であることが多いような気がします。まだ2巻が発売されてもいない状況でこんなことを言うのは無理がありますが、これまで雑誌で毎号追ってきた身として(もう一年経ったわけですね)、なんとなくそんな雰囲気を感じ取っている、というコメントだけ残しておくことにしましょう。 

疑問点

残念ながら今回のエピソードには納得できない点が目立ちました。特に、床に書かれた血文字が本当に被害者のものなのかを保証するものがないため、ここで思考がストップしてしまいました。ミステリーならいちゃもんがつくのは宿命ですが、その中でもこれは致命的かもしれないというものを以下で列挙しておきます。ただし、ネタバレになりますので、フォントカラーを白にして隠しておきますね。

  1. テーブルから落ちて頭を強打したことが死因なら、その場所に血痕が残らないのか?これによって警察は初めから事故と断定できたのではないか?また、血文字以外に血痕が残っている様子が描かれていない点が気になる。
  2. 同じく、テーブルから落ちたのであれば、その近くで遺体が発見されてもよいのではないか?また、その場合、遺体の姿勢(テープで縁取りされたような姿勢)はあのようになるのか?もっと関節が曲がったようなものになるのではないか。
  3. ダイイングメッセージの解読のヒントになったのは指の位置だが、2年間の白骨化の過程で位置がずれたという可能性はないのか?

*1:この”並木本町駅”が彼らの学校の最寄り駅(並木駅)からどの程度の距離にあるのか、作中では述べられていません。

*2:さらに言えば、事件現場を目にしたふたりのリアクションが低いのでは?国谷はもっとびびっていていいし、ミステリー狂のアイリは逆にはしゃいでしまってもおかしくない。不謹慎極まりないですけど。