読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クラウドスポッター入門

クラウドスポッターができるまで

f:id:monokuroobake:20161207222928j:plain星空を眺めるのが好きで、一等星などの主要な星や、それらが属する季節の星座はあらかた網羅しています。星の季節変化や惑星の運行に慣れてくると、今日これくらいの時間帯の夜空はこんな感じだな、と頭の中に天球を再現することができたりします。これはとても楽しい。

ところが、実際の星空観望においては雲が多分に悪さをします。雨は降っていないけど空一面を雲が覆っている。晴れていると思ったが見ようとしていた方角の空に雲が群れを成している。夜空を楽しもうとしたとき、雲は大敵なのです。

恨めしい雲の存在を意識しはじめると、ぽっかり浮かんでいる昼間の雲ひとつが妙に気になるようになりました。初めの関心は、今夜の天気をあの雲で予測できないか、ということでした。あのような形の雲ができるのはどのような気象条件だからなのか。あの雲はどこから来てどこへ行くのか。あの雲はどうしてあんなにかわいいのか。

雲のことばかり考えて生活していた日々が続き、ふと気づくと、雲がかわいくてかわいくてたまらなくなっていました。雲のかわいさとはなにか。雲は多彩です。ぽっかり、ふわふわ、まるまる、どんより、のっぺり、色々な顔を見せてくれます。そしてなにより、時間がたてばすぐに姿を変える、この刹那的存在のはかなさ。そういえば幼いころは、窓辺に寝転がって空を横切るわた雲をずっと眺めていたりしたものでした。意味があるのかないのかなんて考えない、そんな時間を久しく過ごしていないな、と。

新米クラウドスポッターの目標

以上のような経緯でクラウドスポッター入門を果たしたものの、まだまだ知識や経験が足りません。どんな雲であっても基本的な10種類のいずれかに分類されると言いますが、いま目にしているあの雲がそのうちのどれに属するのか、その場で判断がつきません。面白い雲を見つけても、それがどういう雲で、なぜそのような形をしているのか説明できないままではクラウドスポッターとは呼べないし、雲の面白さを十分に堪能することもできないでしょう。

そこで本ブログの方針として、雲の写真コレクションを作成するという目標を立てます。雲を見つけて撮影し、それを分類する。当面の目標は基本10種類の制覇です。つまり10枚の写真を撮ればよいのですからなんだか難易度が低そうにも感じますが、相手は俊敏でワイルドですから、相当な苦戦を強いられることでしょう。それに対してこちらの武器はコンパクトデジカメ一台(格安)ですので、ブログ投稿を前提とした写真撮影にはそれなりのハードルが伴います。気長に挑戦することをここに宣言いたします。

雲好きのバイブル

雲や気象に関する本は思いのほか豊富です。入門したての新米がこのように紹介するのはおこがましいのですが、これこそ雲好きにとってのバイブルに違いないと思われる一冊『「雲」の楽しみ方』をご紹介します。 

「雲」の楽しみ方

「雲」の楽しみ方

 

雲好きが高じてウェブ上にコミュニティを立ち上げてしまった著者が雲への偏愛を垂れ流し続けた結果生まれたこの一冊はまさしく雲好きのための本。雲にはどのような種類があるのか、どのように分類されるのか、なぜそのような雲が生じるのか、素人にもわかりやすく、そして愛をこめて説明しています。本のジャンルとしてはサイエンス・ノンフィクション(科学読み物)ですが、多分に主観が入り混じった「雲ラブ」目線なので、学術的な解説に重点があるわけではありません(念のために注意しておくと、著者はただの雲好き男であり、決して気象学者や天気予報士などではありません)。著者自身を含む数々の実体験や、文学作品から雲の描写を引用するなど、多様な観点から雲の魅力についてとことん語りつくしています。ああ、ここにも物好きな人がいたか、というのが素直な感想です。

このブログでは雲好きの人をクラウドスポッターと呼びならしますが、これは本書の原題「Cloudspotter's guide」から来ています。雲を愛し、ただ眺めるだけでなく積極的に雲を探そうとする人たちだからこそクラウドスポッターと呼ばれるのです。この本を片手にクラウドスポッター街道を突き進んでいきましょう。

ところで、本書は単行本なので値段がちょっとお高めなのが痛いところでしたが、来月(2017年1月)に河出書房から文庫版が発売されます。現状hontoでは書誌情報を参照できますが、河出書房やAmazonではヒットしません。ご興味のある方は是非。

「雲」の楽しみ方 (河出文庫)/ギャヴィン・プレイター=ピニー/桃井緑美子 河出文庫 - 紙の本:honto本の通販ストア