三大流星群

三大流星群

宇宙空間に漂う塵は地球の大気と衝突すると発光し、地上からは流れ星として観察することができます。彗星が通過した後には大量の塵がまき散らされることになるので、地球とこの領域が一致する期間内にはいつも以上に多くの流れ星が発生します。これがいわゆる流星群です。

流星群は64種類もあり*1、実質的に毎日いずれかの流星群の活動時期に重なっていることになりますが、その中でも特に多くの流れ星を見ることができる流星群があり、三大流星群として知られています。1月のしぶんぎ座流星群、8月のペルセウス座流星群、12月のふたご座流星群です。

流星群はテレビの報道番組などで取り上げられることも多いのですが、大抵の報道では「いくつの流れ星が見れるのか」とか、「見ごろはいつか」といった出現ピークに関する情報しか提供しません。そのため、「流星群は出現ピークのときにしか見ることができない」という誤解を招きやすくなっています。実際にはピークの時間を過ぎても、あるいはその前後数日間に渡り多くの流星を見るチャンスがあります。では、具体的な流星の出現傾向はどういったものであるのでしょうか。以下では、有名な三大流星群に加えて、7月のみずがめ座デルタ南流星群*2の都合4種類の流星群の特徴を見ていきます。

流星の出現傾向

以下のグラフは、流星の数を日付ごとにプロットしたものです。横軸は日付(単位はday)となっていて、中央の0(day)がその流星群のピークの日です*3。縦軸はZHRという流星数の指標のひとつであり、ZHRが大きいほどたくさんの流星が流れることを意味します。グラフの元になっているデータは、アマチュア天文学者のコミュニティとして設立されたIMO(国際流星機構)*4が公開しているデータベースから、過去10年間(2007年~2016年)の観測データをすべて集計したものです。

f:id:monokuroobake:20171119102314j:plain

Meteor shower activity profile: (Upper left) Quadrantids. (Upper right) Southern delta-Aquariids. (Lower left) Perseids. (Lower right) Geminids.
Quad: しぶんぎ座流星群(図左上)

その年初めにやってくる流星群はしぶんぎ座流星群です(1月1日~5日)。しぶんぎ座流星群(左上)はまるで針のように急峻な活動傾向です。ピークの日を少しでも外してしまうと、もう流星はほとんど見えないでしょう。パッとピークが来てさっと過ぎ去ってゆく、なんとも潔い流星群ですね。

Per: ペルセウス座流星群(図左下)

ちょうど夏休みの時期と重なるためか、何かと話題になることも多いのがペルセウス座流星群です(7月17日~8月24日)。ペルセウス座流星群(左下)は比較的なだらかに変化している様子が見て取れます。ピークから2~3日ずらしても、十分な数の流星が発生しています。さらに、前後1週間程度までなら、それなりの数の流星を見ることができそうです。

Gem: ふたご座流星群(図右下)

クリスマス前にやってきて、その年を締めくくってくれそうなのがふたご座流星群(12月7日~12月17日)。ペルセウス座流星群ほどではないのですが、比較的活動期間が長く、ピークの一週間前から流星が増え始めます。面白いのは、ピークになる前は流星の数が緩やかに増えていく一方で、ピークが過ぎると急激にその数が減るといった、非対称な活動傾向を見せることでしょう。

Sounthern delta-Aqua: みずがめ座デルタ南流星群(図右上)

上述の三大流星群は最も流星が発生しやすい(そして、最も流星を見やすい)流星群ですが、他の流星群はどの程度の規模なのでしょうか。ここでは、みずがめ座デルタ南流星群を取り上げました(7月12日~8月23日)。三大流星群と比べてしまうと流星数としてはとても小規模のように思えますが、それらの流星群のピークを数日前後させたあたりの出現数とおおよそ同程度であることを考えれば、決して残念に思うような数ではないでしょう。むしろ、ピーク前後20日間も活動が続くので、非常に長い間楽しめる流星群であると言えます。

おわりに

流星の観察方法

流星群は多くの流れ星が見える日、ではなく、流れ星が見えるチャンスが高い日、という程度に理解しておくとよいでしょう。イラストや漫画にあるような流星の雨として見えるということはまずありえません。周囲に灯りのない、安全を確保できる場所に寝転んで、1時間ばかりぼけっと空を眺めつづける、といった気楽な態度で挑むのがベストです。

執筆動機

ちょっと気になって集計してみたらそれぞれの流星群の特徴がはっきり表れて非常に興味深く思ったので、集計作業がただの徒労で終わらないためにもここで紹介させていただきました。実を言えば、この程度の情報はネットのどこにでも散らばっているだろうと思い調べてみたのですが、ほとんど見つかりません。テレビの報道番組などに限らず、流星群を説明するならピーク日時や流星数だけでなく、こういった活動傾向も併せて紹介するべきでしょう。

リンク

流星群について重要かつ最低限の情報はこちらを見ていただくのが手っ取り早いのでおすすめしておきます。国立天文台のサイトなので、これ以上正確かつ利便性の高いサイトは望みようがありません。

www.nao.ac.jp

*1:流星群リスト(公式版)

*2:本ブログが絶賛オススメしているミステリ漫画『夢喰い探偵』の第4話に登場した流星群です。

*3:ピークの日は目算で決めました。

*4:IMO | International Meteor Organization

『虚構推理』<鋼人七瀬編>

 マガジンRで連載中の『虚構推理』が第6巻をもって一区切りを迎えました。原作小説一冊分の内容を2年かけて描き切り、今後は続編の連載が決定しています。また、原作者である城平京による続編小説の発表も決定しています。

 マガジンRに注目したのは『虚構推理』の漫画連載がきっかけでした。良い機会ですので、主に原作小説についてまとめておきます。

虚構推理(6) (月刊少年マガジンコミックス)

虚構推理(6) (月刊少年マガジンコミックス)

 

 『虚構推理』という物語のオリジナリティは「真相のいかんにかかわらず、もっとも説得力のある推理をしたものが勝ち」という着眼点にあります。つまり、たとえ事実と異なる推理をしたとしても、その推理が万人を納得させるものであるならそれでよいのです。探偵役の少女・岩永琴子はこのルールを援用し、事実を嘘に変えてしまおうと目論むのです。

 ミステリなのにそれでいいのか、というご指摘はもっともかもしれません。ふつうのミステリ小説は、探偵が正しい推理を行い、正しく真相を指摘するというのが基本プロットになっています。しかし、ここで立ち止まって考えてみると、探偵が明らかにした「正しい真相」が本当に正しいものなのか、誰にも判定できないことに気づくでしょう。なぜなら、探偵が推理の拠り所とした証拠の数々が偽の証拠であったり、探偵がまだ考慮に入れていない新しい証拠が後になって発見される可能性もあるからです。このように、ミステリ小説においては探偵を含めた作中の登場人物にも、そしてもちろん読者にも作者にも、「本当の真相が別に存在しうる可能性」を完全に否定することは不可能なのです。

 ミステリ小説が抱えるこの弱点のアンチテーゼ*1として『虚構推理』は存在します。この作品では初めから真相の追及を放棄しています。その代わり、ひとつの事件について複数の解釈が可能であるという論理遊戯を提供しているのです。これはミステリ用語でいうところの「多重解決」あるいは昨今流行りの「推理バトル」にカテゴライズされますが、『虚構推理』の優れている点はその結果「真実と虚構が逆転する」ことでしょう。本当であったものが嘘になり、嘘であったものが本当になるという大逆転。このような物語構造は作中に登場する女の亡霊・鋼人七瀬の存在に象徴されています。

 『虚構推理』の世界設定は一見するとミステリにあるまじき「亡霊が実在する世界」であり、鋼人七瀬もそのような怪異の一種です。作品世界において「鋼人七瀬は実在する」が真実なのです。探偵・岩永琴子はこの狂暴極まる亡霊を打ち消すために、すなわち「鋼人七瀬は実在しない」という虚構を真実に変えるために推理を組み立てます。

 なぜ推理によって亡霊を倒せるのか、という部分は本作における怪異の基本設定と密接に関連しており、かつ、それが多重解決である必然性にもつながってきているので、これは直接本作を読んで確認していただきたい。一言でいえば、『虚構推理』というタイトルに作中のすべての要素が集約されているのです。『虚構推理』は登場人物や世界観といったすべての設定が多重解決の必然性を保証するように構築されており、後半に探偵が提示する4つの解決の内容それ以上に秀逸であると感じられます。そのような驚くほど緻密な構成でいながら文体は軽妙で、どこにも原作者の血の滲んだような痕跡が感じられない点こそ奇跡的かもしれません。

 本作がこれほど完璧であるからこそ、続編はいったいどのような作品になるのかまったく想像がつきません。第一作の発表から6年という長期を経ての第二作であることや、漫画版の人気のおかげで多くの読者が注目している現状では期待値もハードルもこれ以上ないほど高くなっています。すでに読者は作者の手の内を知ってしまっているため、第一作と同じことをやっても意味がありません。次回作は趣向を変えてくることを仄めかしているあたり(第6巻あとがき)、第一作を上回る驚きにも期待ができるかもしれません。

 最後に言及することなってしまいましたが、漫画版は最高です。画力は申し分なく、キャラクターもそれぞれ個性的で魅力的、さらにはミステリの要点を押さえた構図など、ミステリ小説の漫画化としてほぼ理想的な完成度を持っているのではないでしょうか。読後の満足感は正直に言って、原作小説が100とするなら漫画版は120くらいです。とはいえ、ミステリとしてはやはり原作小説に軍配を上げたい。純然たるミステリの面白さを楽しめるのは小説版以外にはありえないでしょう。

*1:アンチテーゼってなんでしょう?あれ?よく意味がわかりません。ただ、この文章を書いた時はまさしく虚構推理がミステリのアンチテーゼだと思っていたので、そのままにしておきます。「よくわからぬむつかしげなことばを使ってあると高級だと思う愚か者はどこにもいるものだ。」高島俊男お言葉ですが…』(文春文庫)より。

3月23日は世界気象デー

世界気象デー2017

空にぽっかり浮かんでいるわた雲を見れば歓喜し、滑らかに漂うすじ雲を見れば恍惚とします。それらに積雲、巻雲という名前をつけてくれたのは世界気象機関(WMO)でした。そのWMOが記念日を定めているとあれば、私たちは無視するわけにはいきません。雲が大好きなみなさま方ならもしかすると知っている「世界気象デー」(毎年3月23日)のことです。

とはいえ、乱立する世界なんとかデーのご多分に漏れず、世界気象デーのありがたみもちょっと頼りないところがあります。しかし、2017年今年のテーマはズバリ「雲を理解する*1」。なんと、雲の分類が30年ぶりに改訂されるというのです。雲好きは見過ごせないビッグイベントになることでしょう。

雲の分類改訂に注目

この度の改訂における最大の注目ポイントは「Asperitas」という新しい雲の種類が追加されることです。「Asperitas」とはラテン語で「粗い」を意味しています。「波状雲」という似た雲がありますが、さらに暗く複雑な形をしており不気味さではピカイチですね。

なんとこの雲、近年発見された新種です。しかも、最初の報告は気象学者ではなく一般市民が職場で撮影した写真だったというから驚き。それが2006年のことで、そこからたった10年程度で公式に認定されるとはちょっとしたシンデレラストーリーのようにも聞こえます。この決定に大きく寄与しているのは「雲を愛でる会」の設立者であるプレイター=ピニー氏であり、この雲を新種として認定するよう積極的に働きかけていました*2

他にも改訂される部分は多くあり、アーチ雲の一種である「Volutus」が追加されるだけでなく、「ケルビン-ヘルムホルツ波雲」や「落下すじの雲」に正式なラテン語名が与えられることなど、盛りだくさん。これまで出版された雲の本がちょっぴり古くなってしまうことになりますね。これをきっかけに本の出版が盛んになって、巷で雲ブームなんて起きないでしょうか。

ついでにご紹介しておきますが、先に述べたプレイター=ピニー氏が世界気象デーのイベントでゲストトークを行います。世界時3月23日13時30分(日本時間22時30分)からFacebookやWMOサイトで視聴可能です。今回追加された新種「Asperitas」の採用までのあれやらこれやらについては詳しく聞けるだろうと思います。

オンライン万歳

雲の新しい分類というだけではなく、今回の改訂の何がありがたいかというと、改訂版が「オンラインで公開」されることにあるでしょう。つまり、紙媒体ではなく、電子媒体ということです。今時あたりまえすぎる話ではりますが、以前のバージョンが公開されたのはインターネット時代以前であり、現在出回っているのはそのスキャン画像です。画像は粗いし、検索しづらいということで、これらが完全電子化されたら快適な雲ライフを堪能できることは間違いありません。しかも、掲載される画像は世界中で撮影されたものからの選りすぐりであるため、鮮明美麗かつ雲の特徴を的確に捉えたすばらしいものとなるでしょう。公開されているいくつかの写真*3を見ただけで期待感が高まります。

リンク

改訂版の公開前なので情報は散乱しています。分類の改訂に関しては、基本的にWMOの公式サイトと、私設サイトではありますが世界的に信頼の厚い「雲を愛でる会」を情報源としています。

WMO International Cloud Atlas

こちらが改訂版でございます。予想以上に豊富なコンテンツでちょっと冷静でなんていられません。単なるデータベースとしてだけでなく、楽しく雲について学べるようになっています。これは使ったもん勝ちでしょう。

www.wmocloudatlas.org